記事の詳細


aibon.gif【aibonの素朴な疑問】

無垢の木を使った床。木の香りと肌触りが気持ちよくて憧れます。

しかし「手入れが大変!」と聞きました。

実際にどんな手入れが必要なのでしょうか? 

合板のフローリングとの違いも教えて! 


minami.gif【minamiより】

無垢の床材ってあこがれますよネ~♪

私も15年前に新築したときには、

今ほど選択肢がなく、とても高級なものでした。

(今流行のシンプルナチュラルな床材などなく、

ゴージャスな落ち着きのある無垢床材という感じでした。)

だから、ウチはフツーの合板床材。。。

まず、フツーの合板床材のお話。

床材の厚さは一般的に12~15mm程度。

そのほとんどが合板で出来ていて、

表面に1~2mmの薄くスライスした木が貼ってあるもの。

表面にはピカピカツルツルした塗装がしてあるから

汚れ・キズに強い!のが特長でしょうか。

お手入れもさほど手間はかかりません。

表面がツルツルしている分、液体がしみこみにくいので

少々のことは大丈夫です。

しいて言えば、半年から1年に一回のワックスでしょうか。

手触りは・・・木の柔らかな感触は期待しないでください。

香り・・・当然ありません(-_-;)

冬の二階は、寒い!

超冷たい!

足の裏から冷えてくる感じがします。

無垢材のお話。

床材の厚さそのものの「木の板」です。

表面に塗装などの加工がしていない分、柔らかいです。

だから、キズか付き易いし汚れます。

(木の種類=硬さにもよるでしょうが、結構キズつくらしいです。)

年月が経つほど、色が変わります。

(いい味が出てきます。コレも魅力♪)

「柔らかい=手触りがいい=暖かい=キズつきやすい=汚れやすい」

表面に塗装がしていないので

木が湿気を吸ったり、吐いたりして湿気を調節します。

しかし!これは良い事ばかりでもありません。
湿気を調節してくれると言うことは、

木が伸縮すると言うことです。

それは、季節によって大きさがかわります。

木の隙間が開いたり、閉じたりします。

(隙間にゴミがたまりやすい・・・なんて事も。)

木が反ったりもします。

ある程度伸縮の程度を予想して施工しますが

予想以上の伸縮がある場合も出てきます。

メンテナンスは、

  • ゴミやホコリを取り除き、固く絞った雑巾で拭く。
  • 木の呼吸を妨げない植物性のオイルや蜜蝋ワックスを薄~く塗ります。

   昔は、めか袋で拭いたりしていました。

  • 小さなキズは、サンドペーパーで削ります。

汚れやキズの程度の許容も人様々なので

お手入れの頻度が変わってくるのかも。

蜜蝋ワックスは半年に一回くらいの塗装なので、

フツウの合板床材と変わりませんね。

できたら、数年たった無垢材の家にお邪魔すると

どれくらい変化するのか想像できますよね。

キズや汚れがどうしても気になってしまう~(~o~)

と言う方には、オススメできません。

キズや色の変化も我が家の歴史!と思って

無垢材と付き合ってください。

最後に、ワタクシminamiなら・・・

価格と相談しながら無垢材を選びたいですね。

1階は、犬もときどき走り回るので(~o~)、固めの床材。

2階は、コスト面を重視して、暖かい肌触りの床材にしたいです。

参考にしたサイト

リフォームプロ

yahoo!知恵袋

無垢屋

㈲会社小川耕太郎∞百合子社

建築士や工務店、大工のみなさま。

実際に無垢の木の家を作られてのご意見などありましたら

ぜひぜひ、コメントの書き込みお願いします。m(__)m


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る