記事の詳細


「ミニマルコンパクト」と名付けられた24坪の住宅です。

 らせん階段が見える大きな窓が印象的な外観です。

image1.jpg

ところで、ミニ〇コンパクトって何なんでしょう?

一言で言うと

ミニマルコンパクト=良すぎる小さな家!

母娘お二人のためのこの住宅。

土地探しの段階から相談に乗られていたそうです。

image6.jpg

その名の通り、13畳とは思えないリビングです。

その秘密は。。。。窓のデザイン!

余分な枠などを極力減らしてシンプルを心がけたそうです。

そういえば、巾木や廻り縁もありません。

なるほど!

小さい空間をいかに大きく見せるか。

1000万円台の住宅をいかに住み良くするか。

この「ミニ〇コンパクト」のテーマです。

image7.jpg

キッチンもシンプルなデザイン。

キッチンの後ろには

収納量を確保して

且つ、隠せる収納があります。

2畳分あります。

 

そのくらいの広さがあれば

キッチン用品だけでなく

リビングで使うこまごましたものも

充分収納できそうです。

 image8.jpg

 

キッチンの横は洗面所。

かわいいタイルの

洗面カウンターです。

 

 

 image9.jpg

外から見えたらせん階段を上がります。

ここは、玄関ホールも兼ねていますが

らせん階段の隙間のおかげで

随分広く見えます。

自転車なども玄関内にとめられそうな

スペースです。

image5.jpgこんなコトも出来ちゃって。。。

image3.jpg

2階の子供部屋です。

子供心をくすぐる2段仕様。

収納スペースも確保できて

且つ楽しい!

羨ましいです。。。

(;O;)

黒板塗料を塗った壁は

娘さんのリクエストだそうです。

 image4.jpg

裏側は・・・・

収納になっています。

たくさんの小物が

入りそうです。

 

image10.jpg

細かな部分のデザインが楽しい♪

image11.jpg

デザインだけ、価格だけ、でないところがこの住宅のスゴイところです。

アトリエオーブの西本さんと司建築工房の後藤さん。

デザインに家をつくる技術をプラスしたコラボですね。

実はこのミニ〇コンパクト住宅!

24坪で本体価格1390万円(浄化槽など含まず)

オプション込みで1640万円。

しかし!

床は30ミリ厚の杉材

ペアガラスなど

質を落とさず、材料にもこだわった住宅です。

壁の中の見えない部分の材料も

か・な・りのこだわりがあるそうです。

取材に伺った日もお天気が悪かったのですが

床材のおかげか(?)寒さが気になりませんでした。

image12.jpg

左が設計の西本さん、右が施工の後藤さん。

「家づくりは聖職」と言い切る後藤さん。

家族が一生過ごす家だから、

大事にしたいという気持ちが伝わってきます。

3月14、15日にも見学会されるそうですので

興味のある方は是非どうぞ。

アトリエオーブ 西本さん

司建築工房 後藤さん

ありがとうございました。m(__)m

image2.jpg


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る