記事の詳細


夏涼しく、冬暖かい「地熱」を利用した

「地熱住宅」を見学に行ってきました。

 1.jpg

そこは、地熱・外断熱を追求する

BOSCO設計事務所の実験棟を兼ねた自宅でした。

なんと贅沢なことに

30坪の平屋建て。

木の家らしいシンプルな外観です。

2.jpg広々リビングです。

そこには、「地熱住宅」のパネルが展示されていました。

3.jpg

とてもわかりやすい説明パネルです。

「地熱住宅」を簡単に説明すると・・・

年間を通してほぼ一定の温度を保つ地下-5m部分。

当然、住宅の基礎も22℃程度と安定しています。

その22℃(夏は涼しく感じ、冬は暖かく感じる温度)という温度を利用して

家中の気温を一定に保つというシステムなのです。

※詳しくは、BOSCO設計事務所HPへ>>

6.jpg

 7月5日の建物各部分の一日の温度変化のグラフです。

北側の外気が日中30℃以上に上昇しているのに対し、

リビングは一日中25℃前後です。

(地下-5m部分は20℃前後)

当然温度を一定に保つためには、外の熱を室内に入れないように

外断熱という方法で断熱しています。

10.jpg

模型の水色部分が断熱材です。

(わかるかなぁ・・・(-_-;))

基礎部分からすっぽりと住宅を覆っています。

この住宅は実験棟も兼ねているので

気密性もかなりのもの!

9.jpg

次世代省エネ基準を

大幅に上回るC値だそうです。

 

←この家の隙間。

 たったこれだけ!

 ビックリするほど小さいのです。

気密と断熱にすぐれたこの住宅。

一定の温度を家中に回すために

こんな設備が・・・

5.jpg基礎部分の一定温度の空気を・・・

8.jpg

屋根裏の換気システムで循環させ・・・

4.jpg天井の換気口から給排気します。

その他にも、細かな工夫。

各部屋の下部分の巾木を床から数ミリ開け

部屋同士の空気がつながるようにしています。

11.jpg

収納部分はあえて

通気ボードを使い

湿気がこもらないように

なっていました。

12.jpg

←蓄熱暖房機。

 

冬は夜間電力を使い

レンガを暖めておき

その熱を放熱していくシステム。

 

自称「温熱マニア」という森さん。

築80年という古い家に育ち、冬寒い生活をしていたそうです。

その後、一定の温度を保つ「地熱エアコン」の開発をきっかけに

4年前「ecoハウス研究会」を知り

現在の「地熱住宅」にいたっているそうです。

外断熱の家は、今ブーム(?)になっていますが

一番気をつけなければならないのは

床下の湿気対策

だそうです。

夏場は、冷たい基礎部分に水滴がつくからだそう。

なるほど!!!

皆さんも、外断熱の家を見学に行くときは

「床下の湿気対策はどうなってますか?」

と、聞いてみてくださいね。

今回は、住宅のハードの部分のお話しをたくさん伺いました。

初めて聞く言葉に「?」な部分もありましたが

わからない事はどんどん聞いてみることが良いようです。

納得するまで

わかりやすい言葉で説明していただけました。

BOSCO設計事務所さん ありがとうございました。

m(__)m

補足・・・

「床下の空気を循環する場合、

床下の空気ってホコリっぽくない?」 

という質問がスタッフから出ましたので

BOSCO 森さんに質問しましたら

下記のように返信いただきました。m(__)m

床下のホコリの件ですが、完成時には工事中の木屑やゴミ掃除のために徹底的に掃除機をかけます。
ホコリっぽいことはありません。
ですが、おっしゃるとおり、部屋内と違って毎日掃除機をかける訳には行きません。
年に1回床下の点検を行うのですが、掃除の機会はそれ位です。
通気巾木の隙間は3mm角程の隙間ですが、壁体内は105mmの隙間ですのでどんなホコリも通っていきます。
ただ床下配管は多岐に渡り分散されるので、室内給俳口に比べて風量は少ないです。
普通の床下と違い、室内以外からホコリが入る事はありません。
フィルターは物理的には可能です、強制給気口には今もフィルターが付いています。
床下循環システムにもフィルターを付けるのも良いかもしれません。
メンテナンスのしやすさ等考えると室内口に付けるのがベターかもしれません。
会員に聞いても問題になった事は無いそうですが、これから標準化してみたいです。
お客様から床下配管口に墨を置いて空気の浄化&湿度調整をしてみては、なんて意見もありました。
貴重なご意見ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。 
森 真人

森さん、丁寧な回答ありがとうございました。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る