記事の詳細


「鉄板焼を楽しむ家」・・・????

ネーミングからすると

家の真ん中にどぉーんと

鉄板が置いてあるのでしょうか?

ワタクシminamiの妄想は膨らむのです。。。。(^^ゞ

おっ!落ち着いた外観のお宅です。

1.jpg

まずは、玄関前のホールが広い!!!

6畳~8畳くらいはあるようです。

2.jpg

生活感のあるものは置かずに

スッキリ贅沢なスペースとして使いたいところですが、

いざとなれば、自転車なども置ける多目的なスペースとして使えそうです。

こういうスペースがあるだけで広々とした印象を持ちますね~。

道路側は縦の柱が連なっているので適度なプライバシーが守れそうです。

 

4.jpg

玄関ホールとリビングは火山灰の塗り壁です。

コテの後が残る仕上げで柔らかい雰囲気です。


3.jpg  

LDK。 天井の梁や収納などがスッキリとした印象でした。

出来るだけ物を外に出さないように、収納計画をされたそうです。

あっ!奥のデッキに設置してあるのが ウワサの「鉄板」です♪

8.jpg

奥行きもゆったりと

軒の高さも低めにしてあるそうで

落ち着いたひと部屋という感じ。

手前の庭はキッチンガーデンにする予定。

9.jpg

カバーをはずすと鉄板が現れます。

施主さまは

家族皆で「鉄板焼き」を食べるのが

とても楽しみなんだそうです。

7.jpg

リビングとお義母さまの部屋をつなぐ「家事室」

右側はデッキから庭を眺められるカウンター。

左側は一人ひとつ分のクローゼット。

全部で5つ分あります。

いちいち2階に行かなくても

普段使いの衣類等が収納できるようになっています。

主婦にはウレシイ工夫ですね♪

このように親世帯と子世帯が

家事室を挟んで

近すぎず、遠すぎないよう

L型のプランに配置されています。

10.jpg

<左>壁の厚みを利用した本棚。

<右>落ち着いた色調の書斎。

13.jpg  設計の阪さん。

阪さんは、これまで色々な住宅を設計して来ましたが

住宅は、生活の道具」という事にたどり着いたそうです。

毎日使う道具だから

使いやすく、長持ちすることが大切!

デザインが良いけれど

メンテナンスに手間と費用がかかるもの、

例えば外車とかは

手間と費用以上の楽しみや魅力が必要だと思う

・・・と、阪さんは語っていました。

そんな使いやすい生活の道具として設計したこの住宅。

毎日の生活を快適に過ごせるよう

家族の距離を適切にプランニングしたり

ゆったりと過ごせるように収納計画をしたり

永く愛されるようなデザインにしたそうです。

14.jpg

阪竹男建築研究所 阪さんありがとうございました。m(__)m


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る