記事の詳細


松阪で省エネ住宅の見学会に伺いました。

12.jpg

洋風のお宅。
白い壁に囲まれた部分は、、、、中庭でしょうか?

 まずは大理石の床が印象的なダイニングキッチン。

3.jpg

mailandさんの標準キッチン「ヤマハ」鏡面の扉がとてもきれいです。

お施主様の一番のお気に入りもこのキッチン!

床が大理石なのは暖めた熱を蓄熱して冬は暖かく、夏はひんやりとした床なのだそうです。

それはこの家がFPの家であるから。

詳しくはコチラ>>

高断熱・高気密の家で簡単に言うと「魔法瓶のような家」
一度適温にするとその温度のまま長くいられるので

電気代などの光熱費が驚くほどかからないそうです。

マイランドさんでは、今まで施工してきたおうちで

太陽光発電を付けて電気代を払っていない(=使う電気<太陽光発電量)の方も多いとか。

太陽光発電の設備投資をしても短期間で元がとれそうですね。

1.jpg

リビングは吹き抜けの大空間。

南側の窓は小さいですが、高い位置にあるのでとても明るい空間です。

太陽の通る道を計算して窓の位置を決めているので十分な明るさが確保できます。

窓を高い位置にとることで

プライバシーが確保でき、家具の配置もおもいのまま。

(ドアや窓が多いと家具を置くことがむずかしかったりしますよね、、、)

2.jpg

壁はアクリルタイルというタイルを粉状にしたものが

塗ってあります。
素材はタイルなのでとても強い!

力いっぱいこすると薄手の手袋が破けるほど(@@)

5.jpg

リビングの横は一段上がった和室。床下の引き出しはおもちゃ入れの予定♪

6.jpg

気密を測る測定器。

1件1件機械で測定して

機密の状態を調べます。

 7.jpg

外観から「中庭?」と思っていた場所。
ダイニング横の掃出し窓から外に出られます。

高い塀でプライバシーが確保。

明るさも確保。

9.jpg

2階は個室。
天井・床・ドアは無垢材。

 

個室ではドアや窓の位置を考慮し

家具が置きやすい配置に工夫しているそうです。

 

ベットと机が置けない~なんてこともありません。

 10.jpg

玄関ドアも機密性の高い仕様。

でも全体の雰囲気を損なわないようなデザイン。

 

高気密・高断熱のFP構法とペアガラス・樹脂サッシの仕様で
徹底的に省エネ住宅を目指しています。
保温性の高い住宅で24時間換気なので
花粉やほこりもシャットアウト。
この時期の花粉症に悩まされている方にも朗報のようです。
すべての住宅で高い仕様が標準装備で坪70万円というからかなりのお値打ち価格ですね。
(太陽光発電も!)
マイランドの間井さんのモットーは
「自分の家と思って設計、提案すること」
これからも満足度の高い提案を期待しています!
マイランドHP>>

関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る