記事の詳細


9坪って、どのくらいの大きさが
わかりますか?

畳18枚。

6畳3こ分。
一階がこの大きさです。

一階が9坪、二階が6坪、あわせて50㎡弱の大きさの家。

そこに家族4人が暮らすとしたら・・・

集合住宅ではありえる大きさでしょう。
でも、一戸建てで9坪というとかなり狭い!

そんな「9坪の家」を
建てる事となった施主・萩原さんの書いた本です。

本文に入る前の「はじめに」の部分で

~~(引用)

家づくりにもっとも必要であり、大切と思われる「誰に頼むか」
という問題が最初にクリアされていたのが大きい。

~~~

そうなんです!!!
「誰に頼むか」をクリアに出来たら
家づくりはスムーズに進むんです。
半分くらいは進んだといってもいいくらいです。

9坪といっても
この住宅侮れません。
「THE 究極のシンプル」だと思います。
(デザインは「無印の家」に似ています。)

9坪ですから
暮らしもシンプルにしなければ
収まりきれません。
でも、実は難しい。。。

~~~(ここから引用)

この本が、家をこれからつくる人はもちろん、
自分の住まいに疑問を持っている人の
参考になれば幸いだ。
あきらめないで、ちょっとした発想の転換で、
毎日を気持ちのいい空間で過ごすことができる。
なんだ、家なんてこんなんでいいんだと感じてもらえれば、
うれしい。

~~~(引用終わり)

本の「はじめに」の部分に書いてあります。
萩原さんにとって
大満足の家だからこそ
書いたのだと思います。

この本を読んでいて
30代夫婦のリアルタイム家づくり日記」を
読んでいる気分になりました。

2000年に出版された本ですが、
まったく古臭くなく
何度読んでも参考になりました。

「9坪の家」
萩原 修

廣済堂出版

【目次】
はじめに ある家との出会い
第1章 柱からはじまった家づくり
第2章 再現された最小限住宅
第3章 スミレアオイハウス・プロジェクト
第4章 条件付きの土地探し
第5章 35年ローンの契約
第6章 リ・デザインという試み
第7章 生活をデザインする
第8章 家ができる現場
第9章 オープンハウス
おわりに 小さな家からはじめよう

 


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る