記事の詳細


「工事突入!先ずは解体です」

見学させていただいたレポートはこちら>>

【見学会探訪】雑貨大好き主婦の平屋リフォームの家

大西さんブログ「おうちノート~自分スタイルでいこう♪住まうこと暮らすこと」>>


1ヶ月のうちに、いろいろな事を決め、手配をしました。
あっという間の1ヶ月。そして、いよいよ解体工事に入ります。
解体工事にもいろいろあります。
建物自体を全て壊して更地にする、建物解体。建て替えの場合などは、この建物解体になります。
マンションなど、骨組み以外を全て取り払うスケルトン解体。
外壁、骨組みや柱などを残し、壁や床など内装を部分的に取り払う内装解体。
我が家の場合は内装解体。
外壁は残して、キッチン・リビングは床を残してスケルトン、その他は内装のみの解体。
和室に至っては、畳替えのみの部分的な解体です。
そして、もうひとつ大きな問題。「庭」です。
日本庭園様の庭は、大きな石がゴロゴロ、庭木がたくさん植えてありました。
この庭については、全てを取り払って更地にしたかった。
niwa01.jpg niwa02.jpg
この場合、方法は3通りあります。
1、庭・解体・家のリフォーム全てをリフォーム業者で一貫して行う。
2、庭は解体・造園をガーデニング業者で行う。
家の解体・リフォームはリフォーム業者で行う。
3、庭・家とも解体は解体業者で行う。
リフォーム工事は、家はリフォーム業者、庭はガーデニング業者で行う。
ここでの選択肢は、
・業者を一つに絞って手間を少なくするか、
・各専門の業者に任せるか、
という点になります。
もちろん、それぞれに見積りを取って比較するのも良いでしょう。
我が家のように、建物、庭のそれぞれに、相当量の作業が発生する場合は、
発注やお互いの工事日程の調整など、ある程度の手間はかかりますが、
各専門業者に分業した方が、コスト削減になる場合があります。
我が家の選択は3です。その理由は、
・リフォーム工事に入る時点で、作業がし易いように庭を更地にする必要があった。
・家の解体自体で出る廃棄物よりも、庭石などの廃棄物が多かった。
・一度に廃棄物処理をする事で、廃棄物処理手数料を抑えたかった。
というところです。
解体は解体のプロに。家のリフォームは大工さんに。庭は庭師に。という分業を選択しました。
さて、解体のプロが解体工事に入ると、その仕事の早さには驚きました。
大きな石(ほぼ岩)がゴロゴロしていた庭は、1日半で更地に。
建物も2日で。壁も天井も、お風呂もトイレも、裏の小屋も無くなってしまいました。
niwa11.jpg niwa12.jpg
その早さと言ったら、あっという間です。
つまり、事前に、コレとアレは残して、ソレとコレは処分してもらう。
ということをきちんと伝えなければいけません。
我が家の場合、和室の襖と、よい雰囲気を醸し出していた外灯、トイレの電気傘、脱衣所の電気傘も残してもらう事に。
事前に取り外してもらい、工事完了まで保管してもらいました。
そして、水回り箇所以外の床は残してもらい、上張りに。
コストを抑えるため、既存の床を利用することとしました。
既存の床の上に床材を張る、上張り工法を選択しましたが、そこには思わぬ落とし穴。
開けてみなくては分からない、中古物件の隠れた問題点について、次回お話しします。

関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る