記事の詳細


「すまいのイメージが広がる配管・配線工事」

 

 

見学レポートはこちら>>

【見学会探訪】雑貨大好き主婦の平屋リフォームの家

 

大西ブログ「おうちノート~自分スタイルでいこう♪住まうこと暮らすこと」>>

 

 

 

解体が終わると外壁、内装の順で進みますが、工事に入る前に、

水道・ガスの配管、電気の配線の工事があります。

換気口・エアコンのホース口も決めなくてはいけません。

思ったより早い段階で、決定しなくてはいけない事項になりますので、まとめてお話します。

 

 

また、築30年も経っていると、ガス管や水道管の劣化等も考えられます。

新しいものに交換しなくてはいけない場合もありますので、この際、使い勝手良くまとめるのが良いでしょう。

 

水道・ガスの配管が関係する場所は、キッチン、お風呂・トイレ・洗面などサニタリー。

各場所とも、採用する機器によって、おおよその位置が決まってきます。

食洗機・ガス台を含むキッチンシステム、トイレ、手洗い、洗面台、洗濯機、湯船と洗い場。

設置機器の大きさや形、配置、向きを決めなくてはいけません。

既製品ならカタログからサイズが判明しますが、造作の場合、そのサイズも決めておかなくてはいけませんね。

・キッチンでは、場所、ガス台とシンクの向き、シンクの大きさ、蛇口の向きなど決めなくてはいけません。

オーダーキッチンの場合は、同時期に蛇口の選択が生じる場合があります。

蛇口の管の大きさ(太さ)もいろいろあります。

・お風呂。ユニットの場合は全体の大きさと、湯船と洗い場の向きでほぼ決まりますが、

オーダーの場合は湯船の大きさ、洗い場の向き、蛇口の高さなど、細かく決めなくてはいけない場合もあります。

・トイレの手洗い。最近は収納とユニットになったタイプが多いですね。

間取りによって、サイズなど決まってしまう場合もありますが、手洗い器だけなら、場所や向きに選択肢が出来ます。

出入口とスペースに合わせて、向きと場所を決めます。

・一番自由度があって、一番悩むのは洗面・脱衣所でしょうか。

洗濯機の場所・向き・サイズ・蛇口の高さ、洗面台の場所・向き、サイズ、いろいろ考えておかなくてはいけません。

 

具体的に我が家の場合…

台を大工さんに造作してもらい、タイルを自分で貼りました。

お風呂の入口のすぐ横に置くことにしたのですが、「すき間の掃除もきちんとしたい!」という事で、

お風呂の扉から、腕が入る分だけすき間を取りました。

さらに、洗面台についても、物をあまり置かないようにと、片袖(シンクの右側だけ広くとってあります)に、

蛇口はシンクの中心にあるので、水道管の位置は洗面台の中心にはなりません。

すき間、洗面台、蛇口の位置を測って、配管の位置を決めました。

こだわればこだわる程、詳細を決めなくてはいけません。なかなか大変ですよ。

 

あと忘れがちなのが屋外の配管。

中古住宅リフォームの場合は、既存のものを使う事が多いのですが、新しく設置する場合。

洗車をする場所、お庭にする場所を決めて、使い勝手の良いところに蛇口が欲しいですね。

配管工事に備えなくてはいけません。

 

 

電気については、細かくその位置を指定します。

もちろん、図面が出来る段階で、おおよその提案をされる場合もありますが、

・照明の位置、数。

ダウンライト、天井付、ブラケット、外灯など、タイプもいろいろありますね。

位置と高さも必要です。

・テレビはどの部屋でどこに置いて見るか。

レイアウトの変更も考えて、リビングのテレビのジャックは部屋の両側に設置しました。

・エアコンは部屋のどこにつけるか。

・パソコンを使う場合は、ケーブルや電話線を引き込む場所も。

・ブレーカーボックスは、目立たなく、且つ急なダウンに対処できるよう、便利な場所に。

・照明のスイッチは、近隣の部屋からの出入り、生活の動線を考えて。

我が家ではリビングに3路スイッチを採用しました。

玄関から入って点灯、夜は寝室に入る前に消灯できるように。

3路、4路スイッチは便利です。

・コンセント。たくさんありすぎても困りますが、少し多めにつけて丁度良いくらいかな。

ここにもうひとつ欲しかったな、と掃除の度に思います。

キッチン周り、最近は電気機器も多いので、キッチン台の高さに1つあると便利です。

洗面では、ドライヤーやシェーバーも使いますね。度の高さが便利でしょう。

・インターホンを設置する場合、屋外への配線が必要になります。

・屋外のコンセントも必要かもしれません。

我が家はこれを忘れていました。

ベランダが完成した時、ここにも欲しかった!と気付きました。

 

列挙するといろいろありますね。

(実際に使ってみて、初めて気付いたところもたくさんありますが…)

 

ここでどんな事をするか、ここに何が必要か。

生活シーンを思い描き、より具体的に想像してみます。

私にとってこの時間は、3ヶ月の工事期間の中で、「自分らしいすまい」を最も身近に感じ、

想像から現実に近づく事を最も実感した、そんな時間になりました。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る