記事の詳細


「始まったら一気に進みます!」

 

 

見学レポートはこちら>>

【見学会探訪】雑貨大好き主婦の平屋リフォームの家

 

大西ブログ「おうちノート~自分スタイルでいこう♪住まうこと暮らすこと」>>

 

 

 

がらんどうになった家の中。 間取りも決まり、配管も決まり、内装の工事が始まります。

 

配管の位置が決まったら、配管の下地工事がはじまります。
大きな管を引き、キッチン、お風呂・トイレ・洗面などサニタリーの給排水の各位置に、水道管・ガス管が覗きます。
それからお風呂の下地工事。

コンクリートを流し込み、この上にお風呂のユニットが入ります。

配管の下地工事が終わったら、床下地材が敷かれます。

配管の下地工事の間、大工さんは、窓枠の下地工事と外壁の下地工事を進めます。

我が家の場合、既存の壁を残したまま、その上に外壁を張る上張り工法です。 
既存の外壁は、内壁と外壁の間に残ったまま。 
つまり、外壁を厚くし、防音・断熱・通気性を向上することが出来ました。

また、新たに外壁を作ることにより、外壁自体にキズをつけることなく、窓のサイズも変更できます。 
既存のサッシは高さが180cmでしたが、大きな窓にしたかったので、200cmに変更。 
既存の壁の上部を壊して、窓枠を広げます。 
その上から外壁下地材を張って、窓枠の下地となる窓台を取付ます。 
本当は木枠の窓をつけたかったのですが、予算オーバー。 
安価なアルミサッシにしました。 
色は外壁に合わせて、白。

 

そして、家の中の工事。 
胴縁という下地を組んでいきます。 
胴縁は、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材で、30cm~40cmの間隔で、縦横に張りめぐらされます。 
続いて天井の胴縁。 
間仕切りの縦枠。 
やっと「家の中」を実感できますね。

 

玄関のドアも、ドア枠と一緒に届きました。 
実は、玄関のドアにはこだわりがあって、アンティークのドアを入れたかったんです。 
カタログから選ぶ玄関ドアではなくて、自分で選んだ玄関ドア。 
インターネットで探して、京都まで買いに行きました。 
玄関が西側にあるので、昼間はどうしても暗くなります。 
玄関の明かりとりに、ガラスブロックを採用しました。 
このガラスブロックも、インターネットで探して取り寄せました。 
次回はこの玄関ドアについて、詳しくお話したいと思います。

 

アルミサッシと玄関ドアが入ったら、外壁工事も始まります。 
この頃は、いろんな業者さんが現場に出入りして、一気に工事が進みます。 
みるみる、家らしくなっていきます。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る