記事の詳細


 

今回はガーデンデザイナーの松木さんです。

 

三重県四日市市ガーデンデザイン室【アウティ】>> 

 

 

 

パーゴラテラス

この季節になると日よけの相談が増えてきます。
最近はオシャレなシェードもたくさんありますが、サイズに限りがあったり、取り付けるのに、軒や樋などがない、などお困りの方は多いはずです。
A様も外壁は触らず、開閉が簡単な日よけ、テラス屋根はいらないけど、畳んだ日よけが雨に濡れないようにと、結構難題です。
そこでタカショーの独立タイプのフレームポーチに、ロープ式開閉シェードをご提案。そのままだと、間口方向にシェードが開閉するため、特注で、縦方向に桟を追加して、シェードは出巾方向に収納されるので、畳幅はなんとか雨樋の出巾に収まった。雨に濡れても大丈夫な素材だが、この方がより長持ちしますよね。縦桟も3本追加した為、枠だけより、パーゴラ感がアップ。
リビングの日よけはもちろんのこと、ガーデニングのブレイクタイムもお庭でとれますね。 


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る