記事の詳細


「家を建てよう!」と思ったときに

何を考えますか?

お金? 場所? 間取り?

色々ありますよね。

自分がどんな空間に居ることがいごこちがいいのか?

・・・考えたコトありますか?

ついつい雑誌に出てくるような

ライフスタイルを夢見ていませんか?

スッキリでなぁんにもない部屋が素敵だから、

実際住んでみたけど

なんだか落ち着かないことありませんか?

著者いわく

「家のいごこちの良さは、

物の量が多いか少ないか、

家が広いか狭いかには関係ないのです。」

「気持ちがすみずみまで行き届いている家なんです。」

そうか!

雑誌に出てくる家が

あまりに生活観がなくてシックリ思えなかったのは

これのせいかも知れない。。。

「一年かけて、吐き気がするほど考え抜いて完璧だと思ったのに

いざ住んでみると不満なところがいっぱいでてくるのよね」

と語る友人のエピソード。

衝撃的ですね!

考え抜いたのにまだ不満が出てくるなんて!

家とはプロセス。

住み始めてから、住み手がかかわれる家の方が

いごこちが良くなっていくのかも。

(^^♪

本当は、間取りや設備よりも

自分にとっていごこちの良い家とは何か?

を先に考えなければならないのかもしれません。

著者は「捨てる技術!」の辰巳 渚さん。

てっきりすべてのものが収納されている家に

住んでいらっしゃるのかと思いきや

中古住宅を少しずつリフォームして

好きなものに囲まれて暮らしています。

家や物への愛着が

心地よさに繋がっているようです。

自分がくつろぐ家づくりのヒントにどうぞ。

辰巳渚【著】

大和書房【出版】

1500円

2003/4【発行】


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る