記事の詳細


今回は浴室のこと。
そろそろ、ユニットバス(UB)から抜け出しませんか?

戸建て住宅におけるUBの地位は揺るぎない。
汚れを知らないクリアな壁、水滴を残さない床設計、
本物の石と見間違うような床材、抜けた髪を一モウ打尽にする排水口、
きらり輝くお洒落なカラン、天井埋め込みのシャワー、
ゆるくカーブした天井と間接照明など。
施工性よし、コストパフォーマンスよし、バリエーション多数。
さらに、その地位に甘んじることなく今でも進化し続けている。
浴室を作り日常に使い続ける上で、UBは比の打ちどころがない。

しかし、私はUBが好きではない。
その理由を今回真剣に考えてみた。

第一の理由は何といっても閉じ込められた感があること。
あの一分の隙も無い工業製品の中にいると、
食器洗浄機で洗われている茶碗のような気分になり、・・息苦しい・・。

他の理由は?
あまりに設計、施工、コスパ共便利すぎて浴室のあり方を考えなくなった。
それが設計するのにとてつもなく退屈なのだ。
プランニングは1坪から1.5坪の場所を空けておくだけ。
図面には その場所に UB1616 と書いておく。
これでは、UBは進化しても浴室の進化はない。
これでいいのか、日本の浴室。

浴室の現場施工。
昔と違って、十分な換気設備があるから湿気対策は簡単。
天井はバスリブ天井などでシールして、
壁、床はFRP防水があるから
下地さえ計算して丁寧に作れば問題なし。
排水も普通に接続配管すれば、
床下に水がこぼれることもなく湿気もない。
断熱材を使えば保温力も期待できる。
浴室自体の施工は、在来工法の時代とは違って
造りも見た目も軽くなっている。

nakano

例えば、6~8帖の防水スペースがあったなら、
思い切って真ん中に猫脚のバスタブを置いてみる。
空いたスペースに洗い場、シャワーブース、洋便器。
シンク、大型の鏡、化粧台、洗髪台、サウナブース。
長椅子置いたり、ワゴン置いたり、書棚つけたり、
筋トレマシンやマッサージ椅子、ドリンクバー。
金魚、熱帯魚、観葉植物、熱帯植物、
カブトムシ、ゾウ亀、イグアナ、オウムとか。
丸くカーテンで仕切るのもよし、カラフルな縦ブラインドでも、
デザインスクリーンで目隠ししてもいいでしょう。

浴室とテラスを一体化して考えるのも素敵。
掃き出し窓つけて露天風呂風。
ウッドデッキとつなげてアウトドア風。
ヒノキの浴槽も魅力。
埋め込み型ではなく置き型にすれば取り換えも簡単。

浴室、トイレ、洗面室。
少しだけ広くして使い方を見直すと、+αの何かが付随する。
カスタマイズすると、入浴も好みの味になる。
既製品のUBにはない味。

私がUBを好まない理由、
味わいがないって事だ。
新築、リフォームの予定のある方、
UBではない浴室を自分たちで進化させて、
味わってみてはいかが?

では、また。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る