記事の詳細


去る、6月25日大一塗装㈱代表として、被災した女川町の女川小学校へボランテアとして参加してきました。
前回の投稿も四日市市のあすなろ鉄道、日永駅駅舎塗装に参加いたしました内容をお知らせ致しましたが、今回の投稿もボランテアとさせて頂きます。

早いもので2011年の東北震災から5年が経ちましたが、
私どもが所属する、塗装屋ボランテア団体の全国組織、塗魂ペインターズは被災後直ちに駆けつけてボランテアを行なっています。
今回は全国から約200名が集まり、小学校の遊具と一部教室を塗装してまいりました。

13508896_1104802359607428_4398531803657892040_n_r 13521835_1104802882940709_6410370343111738070_n_r

13507134_1104802132940784_3712255335642008385_n_r 13501732_1104802552940742_8238222710180142945_n_r
13529148_1104802826274048_4833420955978157784_n_r 13537538_1104802259607438_7173296852116174850_n_r

いまだ漁港の町女川町は港の施設はいち早く整備されていましたが、
町全体としては、いまだ仮設住宅や仮設の公共施設があり、
土木建設中の道路や建物が道中垣間見え、
復興半ばどころか2分どまりの遅々とした状況の景色が残念でした。
それに引き換え待ち受けて頂いた役所や学校関係者の皆様の暖かい応対や復興への熱い思いをいっぱいお聴きして安心するとともに、
その心の気高さに勇気を頂いて帰ってまいりました。

13439078_1017321811691461_4705331679847867904_n_r 13528959_1330778753616931_2177129466360007849_n_r


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る