記事の詳細


数年前から海外のテレビ番組を見ている。

今一番のお気に入りはイギリスの料理番組。

“Jamie’s 30minute meals”

30分で食事を作るのだけれど、彩りきれい、デザート付き。

出来上がりがめちゃおいしそう。

あまりに面白いので、先週から録画するようになった。

なぜこんなに気に入ったのか??

第1の理由は、レシピが面白い。

私にとっては新しいレシピ。

オリーブオイル、レモン、ハーブ、唐辛子を多用。

味付けのポイントを強調して説明している。

これを上手く作れたなら、子供と夫は喜んでくれるはず。

 

第2の理由は、簡単そう。

なんせ30分ですべて作っているので、

料理が上手くなくて倍の時間がかかっても1時間。

1時間でこんなに作れるなら私的には射程圏内。

軽々とフライパンを揺らしている画面を見ていると

誰にでも出来そうに思えてくる。

フードプロセッサー、オーブンなど文明の利器を駆使。

洗わなくていい、剥かなくていい、切らなくていい食材の選択と調理方法。

冷凍野菜、缶詰、瓶詰、市販品の有効活用などアイデアは色々。

 

第3の理由は番組自体が面白い。

先生がにこやかに手順を説明する普通の番組とは違う。

カーチェイスよろしく、圧倒的なスピード感と臨場感がある。

ジュウジュウと焼かれているステーキ肉が映されたかと思えば、

その画面が分割されて

オーブンでぐつぐつしているチーズきのこのカットが入り、

さらに分割された場所に

にんじんが茹でられているオレンジの鮮やかな画像が貼り付けられる。

素早く変化していく画面と同時に、

アップテンポのBGMとやや早口のナレーション。

限られた画面、限られた時間の中で、

食材の変化を的確にかつ劇的に見せる。

構成がドラマティックで、アクション番組を見ているよう。

アメリカンTVのように銃弾や血しぶきは飛ばないけれど、

700gの人参がフードプロセッサーによって10秒で千切りにされ、

フライパンの中で芋とニンニクがオリーブオイルにまみれて高々と飛んだりする。

画面に映し出される食材の温度や匂いを連想せずにはいられない。

そんな映像と音の構成がとてもTV的で面白い。

以上の理由でこの番組は私の毎週の楽しみになっている。

こんな風に料理をしたい、スピード感あふれる料理人になるんだ。

と心底、本当に思っている・・・・・・・今は。

まずは道具から、プロっぽいのを買ってみる。

食材も使ったことがないものを買ってみる。

そして、なんといってもキッチン環境。

この番組のキッチンがなんとも素敵。

シンク、オーブン、グリル、食洗器の並びがモロ私好み。

やっぱり料理を楽しむにはこうじゃなきゃね。

この番組をまねて料理するならば、

台所のリフォームは、必須というもの・・・・じゃない?

そこで、ただいま自宅台所のリフォームを考えています。

 

では


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る