記事の詳細


Hiro⁺設計室の奥様の相原さんのコラムです。


最近毎月京都へ野暮用のある我が家笑

その時に出会いました素敵な建築物をご紹介したいと思います。

『ブルーボトルコーヒー 京都カフェ』

https://bluebottlecoffee.jp/

 ~建築概要
題名:ブルーボトルコーヒー京都カフェ
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:松下有為
所在地:京都府京都市左京区南禅寺草川町64
主用途:カフェ、オフィス

敷地面積:452.98㎡ 建築面積:217.88㎡ 延床面積:324.38㎡
物販棟
延床面積:128.82㎡ 1F:93.91㎡2F:34.91㎡
カフェ棟
延床面積:195.56㎡ 1F:123.97㎡ 2F:71.59㎡
構造:木造

 山々の青緑との風景と調和する南禅寺参道に、築100年を越える京町屋をリノベートし佇む

 「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」

 剥き出しになった土壁や竹小舞、中庭に敷き詰められた玉砂利に植栽

 小屋組が露わになった高い吹き抜けの天井と自然光の差し込む大きなガラス窓

 築100年の京町屋とアメリカ西海岸の文化が自然と融合された

 とても開放感のある空間です。

 「ブルーボトルコーヒー」の誕生は、創業者のジェームス・フリーマン氏が、

 日本の喫茶店にインスピレーションを受けたことがきっかけと言う事で

 京都の町家でのオープンには深いこだわりがあるそうで、

 『伝統を守り続けるとともに、新しいもの・ことへの追求心も重要視する京都のように、

「ブルーボトルコーヒー」も基本を忠実に、更なる進化を遂げていきたい』

 と言うコンセプトがあるのだとスタッフの方が教えてくれました。

 一杯一杯丁寧な工程で抽出されたコーヒーはとても美味しく

 そしてこの贅沢な空間で頂く事によりより美味しくなるのではと思いました。

 


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る