記事の詳細


6月4日から施行された「長期優良住宅法」

ニュースで一斉に取り上げられていました。

わかりやすく言うと

「長期優良住宅=200年住めるような住宅」

一般的に日本の住宅の寿命は30年。

イギリスでは70年。アメリカでも50年といわれています。

つまり、日本では一代だけ住んで

子供たちはその家を壊して

新しい家を造るというサイクルだったのです。

200y.jpg

 

具体的に200年住めるようにするには・・・

  • 数世代に亘り使用できるような丈夫な構造材を使う
  • 100年に一度といわれている地震に備えて、耐震性を確保する
  • 設備や内装を維持管理しやすい構造にする
  • ライフスタイルに合わせてリフォームしやすい構造にする
  • バリアフリー改修に備えて、廊下巾などが確保できるようにする
  • 断熱などの省エネルギー性能が確保されていること
  • 定期的に点検すること

ニュースでは、

床下で移動・作業できるように基礎が人の巾ほど切り取られていたり、

給排水など通常では地面に埋められているものが

簡単に交換でき、リフォームに対応できるように床下にあったり、

吹き抜けにも2階部分の梁だけ残して、将来床が貼れるようにしていたり

様々な工夫がされていました。

実際、「長期優良住宅」に認定されると

減税などの優遇もあるそうです。

20年ほどで資産価値がゼロに成ってしまうという

日本人の価値観が変わってくれることを期待します。

【参考サイト】

長期優良住宅とは?

200年住宅Web

200年住宅とは?

長期優良住宅


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る