記事の詳細


「藁の家」

・・・・三匹のこぶたの家を想像してしまいました。

(ーー;)

そんな「藁の家」= ストローベイルハウスが

三重県で建設中!

そこに、サルシカ隊が取材に行ってこられたそうです。

サルシカ隊記事「藁の家」

(サルシカ隊記事より引用~)

そもそもストローベイルとは何なのであろうか?
家畜の飼料用に圧縮加工された藁のブロックのことを指すらしい。
この藁ブロックを積み上げて壁を作り、粘土を塗り漆喰で堅めるのが、ストローベイルハウスなのである。
藁壁の家は壁厚が40~50センチもあるため断熱効果に優れ、冷暖房エネルギーの大幅な削減が出来るというエコ住宅である。
また木材使用量が従来建築の1/3程度で済むローコスト住宅でもあり、セルフビルトも可能で、100%自然素材の家をつくることができるのだ。

(~引用終わり)

写真を見ていただくとわかるように

壁の厚さが40センチ!

(;O;)

40センチの壁厚・・・

ぜひメジャーで測って体感して欲しいところですが

夏涼しく、冬暖かいというのが

よくわかります。

そういえば、「アルプスの少女ハイジ」の山の家の壁も

分厚かった記憶があります!

(ハイジが窓の内側に肘をついて外を眺めていましたよね。。。)

40.jpg

残念ながら

壁の厚みがある分

床面積が減るわけですから

一般的な住宅地では難しいでしょうが

エコを目指す方なら

一見の価値ありです。

完成したら、ぜひ見学に行って体感してみたいなぁ

と思いました。

サルシカ隊「藁の家」>>

サルシカ隊トップ>>

ストローベイル・プロジェクト>>


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る