記事の詳細


太陽光発電余剰電力倍額買い取りが11月1日にスタートしました。

 

ニュースによると

「電力会社は自主的に家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり24円前後で買い取っているが、

新制度は同48円で10年間の買い取りを義務付ける。」

太陽光発電の設備を

一般の住宅に設置した場合、

その設置費用の元を取るのは

10~15年ほどと言われています。

 

その10年間の間、約48円/KWで電力を買い取るというのです。

(ずっと48円で買い取ってもらえるのかと思ったら、

10年間の制約付きなんですね。。。)

 

そもそも1ヶ月にどのくらいの発電をするのでしょう?

びっちま家の太陽発電記録というブログでは

今年10月の発電量は、414.2KW

 

おおよそ4人家族の消費電力は

350KWとすると

64KW余剰電力となります。

 

64×48円=3072円の収入です。

 

昼間の電気代がゼロになった上に

余剰電力分の副収入があるのはウレシイ♪

 

設置箇所や発電量、消費電力量、 などで

数字は変わってくると思いますが

太陽光発電が一層普及することは事実。

 

興味のある方、太陽光発電を一度検討されては?

 

 

【参考サイト】

太陽光発電余剰電力倍額買い取り 11月1日にスタート>>

太陽光発電買取新制度 11月1日から>>

びっちま家の太陽光発電記録>>

 


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る