記事の詳細


節電必須のこの夏、太陽光発電に対する需要も多いようで家電売り場でも販売されるようになった「太陽光発電」

でも何百万もする投資、、、、見かけはどのメーカーも同じようだし何処がちがうんだか???

なかなか簡単には選べないと、いうわけで「太陽光発電」を選ぶためにはある程度の知識を得ようと見つけた記事がこちら>>

必見!太陽光発電入門「太陽電池導入の“落とし穴”を避ける4つのポイント」

みえスマの相談会でも「太陽光発電の元はとれますか?」という質問を受けたことがあります。

そのひとつの答えがこの表

「モニター調査による各メーカー製品の「年間実発電量」比較」

あくまで済んでいる地域などで代わりますが、一定の比較が出来る表です。

元をだいたい平均すると10年から13年かかるようです。

さて、どうやって選ぶか?

記事によると・・・・・

太陽光発電を賢く買うための4つのポイント

1 太陽光発電に望むものをはっきりさせる

 経済性、環境性能、デザイン性、メーカーの好みなど、自分が何を重視しているのか、太陽光発電に求める目的や好みをはっきりさせる。

2 メーカー各社の太陽光パネルの特性を知る

 初期コスト(値段)、実発電量、色・形・大きさのバリエーション、保証期間など、メーカーごとの太陽光パネルの特性を把握しておく。

3 自宅の設置条件に見合った太陽光発電を選ぶ

 太陽光パネルを乗せようと思っている屋根の広さや、形、方角、周囲の建物でつくられる影の推移など、設置場所の諸条件を調べておく。

4 良い販売店を選ぶ

 できるだけ多くのメーカーの製品を取り扱い、太陽光発電の設計のレベルが高く、施工の段階にまで責任を持って対処する販売店を選ぶ。

この基準、、、家づくりと似てますね。 (^_^;)

要は、自分の基準をはっきりさせることが重要のようです。

必見!太陽光発電入門「太陽電池導入の“落とし穴”を避ける4つのポイント」

日経トレンディネット>>


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る