記事の詳細


時々、見積もりを見てください。

って、言われることがあり、お家の見積書を拝見することがあります。

「どうですか?」

目の前にある知人ご夫婦の顔はとっても不安そうです。

私も見積もりのプロ!ではないので、

「任せて!」とはいえませんが、

知り合いなら・・ということで、相談に乗ったりします。

でもね、いろいろ見ていくと・・・

「???」がたくさん頭に浮かびます。

でも、それを全部伝えると、きっと目の前の知人ご夫婦はもっと不安になりますよね・・・。

うーーーん、どうしたものか・・・・

といことで、一度、ハウスメーカーとの打ち合わせに同席したことがあります。

もちろん友人の元設計士ということで。

そうして、いろいろ疑問に思うところを直接聞きます。

私、納得するまで聞きます・・・(~_~;)

営業マンにとっては、今の段階でそこまで説明する必要はないだろう!って

思うと思うのですが、先の先まで聞きます。

でも、これって普通の人には到底無理なことです。

じゃ、どうすればいいのでしょう?

見積もりだしてもらって、普通の人はどうやってみたらいいのでしょうね?

チェックリストでも作れば!と思ったのですが、

膨大すぎて見るのも嫌になりそうなものになりそうだし・・・。

実は設計事務所ならドアノブ一つから図面に明記します。

だから、それが見積書に出てくるのです。

それをチェックしてくれるのも設計士の役割です。

でもね、ハウスメーカーや工務店の見積書で、

そこまで出てくる見積もり書なんてそうそうありませんね。

いや、もしかしたらあるのかもしれません!

私が見たことないだけかも・・・。

でも、自分でチェックできないとなると

きっと・・・・、

「私たちの予算を伝えたんだから・・・・」

とその担当者を信じてその見積書で契約するのかな~と思います。

その担当者を見る目を養うには?

たくさんのプロに会っているということもありますが、

自分の直感を信じるという方法もあります。

心配なら心配と伝える、不安なら不安と伝える。

不安や心配があるときは、何か気になることがあるはずです。

それを一つ一つ解決してクリアにしていけば、きっと自分達が望む家が建つはずです。

焦らず、惑わされず、自分を信じて!(*^_^*)

あれだけ迷っていたaibon。
途中で挫折しそうだったaibon。

明日はすっきりした顔で登場すると思います!!
自分を信じて進んだ成果を聞いてみてください。

明日9/23の座談会

あと1、2名の飛び入り参加は大丈夫です!

お待ちいたしております~♪

子供の運動会が延期されたら出席できないな・・と

心配だったのですが、みえスマスタッフ

3人そろってお待ちしています~♪


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る