記事の詳細


今日届いたメルマガ「家づくりの自己責任」を拝見して思ったことを書きますね。

「自己責任」

とっても重い言葉ですよね。

でも、確かに家づくりは自己責任が大きいです。

そこで、思いました。

設計契約にしろ、工事請負契約にしろ、契約の前に自分に問い直してみてください。

この人(会社)と契約して、失敗したとしても、それは「自己責任」だと考えられるか?

自分の選択は間違っていないか?

以前、メルマガで「あなたに覚悟はありますか?」という文章を書きました。

2004年のことです。

その時と考えは変わりはありません。

家づくりは一大事業です。

ますます「大きい会社だから大丈夫!」といえる時代ではなくなってきました。

だからこそ、自己責任の下にパートナーを決めることが大切となります。

そうして、パートナーを決める前に大切なのが、「自分が望む家・生活はどんなものなのか?」をしっかりつかむことです。

そうして、伝える努力をすることです。

そのために必要なのは何か?

私は「勇気」だと思っています。

知らないと伝える勇気。

分からないと伝える勇気。

自分の気持ちを正直に伝える勇気。

何か違うと思ったらきちんと伝える勇気。

これはダメだと思ったら断る勇気。

教えてほしいと伝える勇気。

自分で行動を起こす勇気。

自分の家族と真剣に語り合う勇気。

自分の将来をきちんと見据える勇気。

自分と向き合う勇気。

そうして、場合によっては、

家を建てない、まだ後にするという決断をする勇気。

心に一点の曇りもなく家づくりをする!なんていうのは難しいかもしれません。

でも、心にもやもやを抱えたままではなく、

ある程度の「この人なら大丈夫!」という確信の元に家づくりを進めてほしいな~と思います。

そのためのお話なら何でもお伺いします(^^♪。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る