記事の詳細


さて…最近、更新されてないこの「家づくり日記」。
ちょっとショッキングな事があって、筆が止まっていたのです。

何があったかって?

昨年末に私たちのものになった土地。
なんと、その土地の開発業者が倒産したのです〜〜!!!!

県内でも名の通った業者さん(だったらしい)。
ここ10年、イケイケで事業を拡大。
しかし、建築基準法の改正プラス不況による不動産販売の冷え込みで、
ついに資金繰りに行き詰まったとか…。

いや〜もうビックリです!
だって、引き渡しの日は開発業者の営業さんもフツーに同席していて、
「自治会ができるまで、街並みの管理をサポートいたします!」
って熱く語ってくれたんですよ!
不況不況って言うけど、こんな身近に不況が迫っていたとはねぇ。
あの営業マン、無事に年越しを迎えられたのかな?心配ですわ。

いやいや、人のこと心配してる場合じゃゴザイマセン。

1. 土地はきちんと自分たちの名義になっているのか?
2. 管理会社に代わって街並みの管理は誰がするのか?
3. そして、土地に瑕疵があったときは誰に言えばいいのか?

名義はすぐに確認して、問題なかったのですが、
2、3は今後のことだから心配です。

仲介してくれた不動産屋のTさんに電話してみると、
いつも明るいTさんが暗〜い声。
なんでも、手付金だけ払って引き渡しがまだのお客様もいたのだとか。
え、100万近くがパーになるってこと!?
信じられない…。

これでOK!と思っても何が起こるかわからない家づくり。
まだまだ何か起きそうな予感です(起きてほしくないけど…(-_-;))。


関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る