記事の詳細


今回はみえスマスタッフの川北です。

最近の要望にとっても多くなっているのが「リビング階段」です。
理由を聞くと、
「子どもがリビングを通ってからしか自分の部屋へ
 行けないので、その方がコミュニケーションがとれると・・・」
いう返事がほとんど!100%を締めています。
さて、考えてみましょう!
 
今までの日本の間取りは、リビング階段ではありませんでした。
そんな中でも、コミュニケーションをとれている家族、
とれていない家族がいますよね?
先日も無料相談に来られた方に、ご質問を受けたので、
下記のようにお返事しました。
「我が家はリビング階段ではないですが、
高校生の息子も中学生の娘も、私がいるときは仕事部屋や
キッチンまで“ただいま!”をいいに来ますよ〜。
それは間取りだけではどうにもならないものかと・・・。
逆に、リビング階段だと、お客様や子どもの友達がいる場合
2階からだらしない格好で降りてこられないという状況に
なりますが、大丈夫ですか?
また、全館冷暖房が整っている高機密高断熱の家ではない場合で
吹き抜けになっていない場合、冬の2階の冷気が降りてくる通り道に
なって寒いという声をたくさん聞きますので、扉だけはつけておいた
ほうがいいと思います」
とお伝えしましたら、検討してみますとこのと!
※吹き抜けになっていると、ファン等で天井の空気を循環できたり、
することで、冷気の通り道にはなりにくいようです。
※お家の広さにもよりますし!!!
だからね・・・。
リビング階段がいい!!!
という明確な理由が無い場合は、一度、しっかり考えて見ることをおすすめします!
「ただいま」は、挨拶として当然のコミュニケーションですよね!
リビング階段にしたから大丈夫!!!!
ということは絶対無いはず!!!(笑)
そこで“安心”してしまわないで、日頃からのコミュニケーション♪ですね〜!
「いってきます!」「ただいま!」は
人間として普通にする挨拶ですよね?
喧嘩している時を除いて(笑)。
まだ、サービスページが完成していませんが、
1回目は無料相談となっております。
お気軽にお声をかけてくださいね♪
近々、サービス内容をアップいたします!

関連記事

会員ログイン

ログインしていません。
ページ上部へ戻る